前払金(読み)まえばらいきん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

前払金

商品を受け取る前、あるいはまだサービスを受けていない時点で支払った代金のこと。またその取引を処理する勘定科目内金手付金などがある。 なお、契約に基づいて継続的なサービスを受けている場合、まだ完了していないサービスの対価前払費用として処理され、前払金とは区別される。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

世界大百科事典内の前払金の言及

【手付】より

…このような解約手付としては,売買の場合には,買主から売主に対して売買代金の1割程度の金員が交付されることが多いようである。 手付と区別を要するものに内金,前払金(広く取引一般に関して用いられるが,割賦販売法では前払式特定取引として特別の規制を受けている(割賦販売法35条の2)。また,建設工事契約においては前払金の有無,支払方法等は契約書上記載されるべきこととされている(建設業法19条)。…

※「前払金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android