前田利春(読み)まえだ としはる

朝日日本歴史人物事典の解説

前田利春

没年:永禄3.7.13(1560.8.4)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。利隆の子。利昌ともいう。蔵人,のち縫殿助を名乗る。尾張国荒子(名古屋市中川区)を領した。荒子の観音寺に葬る。長齢寺(七尾市)に画像が残る。

(河村昭一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android