コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力み リキミ

デジタル大辞泉の解説

りきみ【力み】

からだに力を入れること。また、力が入ること。
つよがり。負けん気。
気負い。「力みのない素直な文章」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りきみ【力み】

りきむこと。また、りきんだ様子。 「表情に-が見られる」 「眼はちとばかり-あれど/当世書生気質 逍遥
気負い。 「文章に-が感じられる」
強がり。負けん気。 「巻き舌をまじへて-を並べるところが/洒落本・辰巳婦言」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

力みの関連キーワードラベル(Joseph Maurice Ravel)当世書生気質沢田正二郎厳つを出す脳血管障害江戸っ子田淵幸一しゃぎる義者張る洒落本多良見頭痛民活緩い

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力みの関連情報