加ト吉(読み)かトきち

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

加ト吉

本社・香川県観音寺市。1956年、加藤義和会長兼社長が海産物問屋として設立。イワシなどを加工していた祖父の吉次郎氏が会社名の由来。外食産業の成長を背景に、エビフライやうどんなど冷凍食品の製造・販売を伸ばし、冷凍食品大手に。94年に居酒屋チェーンの「村さ来」を買収、00年に日本たばこ産業(JT)と業務提携を結んだ。06年3月期連結決算の売上高は3398億円、当期利益は65億円。

(2007-04-25 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加ト吉の関連情報