加圧鋳造法(読み)かあつちゅうぞうほう

世界大百科事典内の加圧鋳造法の言及

【製鉄・製鋼】より

…それぞれ鋼の品質改善に役立つが,経費もかかり,高級鋼対象となる(〈真空鋳造〉の項参照)。
[加圧鋳造法]
 加圧鋳造法は連続鋳造法とともに,従来の造塊法を変革する技術である。取鍋内の溶鋼表面に圧縮空気により圧力を加え,この圧力を適当に調整し,所定の注入速度で鋳型内に押し込み鋳造するもので,鋳込み中のかくはんをできるだけ抑制しつつ注入し鋼片とする。…

※「加圧鋳造法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android