コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加島五千石 かじまごせんごく

世界大百科事典内の加島五千石の言及

【駿河国】より


[新田開発]
 初期の新田開発は活発であった。富士川下流の開発は代官古郡(ふるごおり)重政・重年2代によって雁音(かりがね)堤が築かれ,〈加島五千石〉の美田が広がった。大井川下流は屋敷地を石垣や立木で洪水の難をのがれる舟型屋敷,村を囲む輪中集落が発達する一方,江戸や駿府の商人請負新田が見られる。…

※「加島五千石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

加島五千石の関連キーワード富士[市]

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android