動耳筋(読み)どうじきん

世界大百科事典内の動耳筋の言及

【外耳】より

…耳介の内部には頭蓋につながる耳介軟骨があり,耳介を支える支柱になっている。耳介軟骨と頭蓋側壁とは動耳筋または耳介筋と総称されるいくつかの筋肉によって結ばれ,これらの作用によって耳介を微妙に動かすことのできる動物が多い。【田隅 本生】
[ヒトの外耳]
 ヒトの外耳は,体外に突出した耳介と,体内で約2.5cmの深さをもち鼓膜に連なる外耳道とからなる。…

※「動耳筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android