勝地定主無し(読み)ショウチテイシュナシ

デジタル大辞泉の解説

勝地(しょうち)定主(ていしゅ)無(な)し

白居易「遊雲居寺贈穆三十六地主」から》すばらしい景色にはきまった持ち主などないのであるから、好きなだけ眺めて楽しめばよい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうちていしゅなし【勝地定主無し】

〔白居易「遊雲居寺贈穆三十六地主」の「勝地本来無定主」による〕
すぐれた風景に、これと定まった持ち主があるわけではないから、誰でもが心ゆくまで賞すればよい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android