コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧農帳 かんのうちょう

世界大百科事典内の勧農帳の言及

【勧農】より

…また越中国石黒荘の弘瀬郷には勧農田と称される田地があったが,これは百姓の逃死亡による不作田に新しく浪人を招いて耕作させた田地であった。太良荘や石黒荘では新たに作人を割りつけたさいの台帳を勧農帳とよんでおり,荘園経営のための基本台帳の一つであった。荘園の勧農には,通例公文(くもん)があたっていたため,この公文職の支配をめぐって荘園領主と地頭との間でしばしば紛争がおきた。…

※「勧農帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android