コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北伝 ほくでん

大辞林 第三版の解説

ほくでん【北伝】

北方で、あるいは北方から伝わること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の北伝の言及

【法相宗】より

…なかでも玄昉は興福寺にあって当宗を興隆し,興福寺法相宗の基をきずいた。興福寺伝または北伝といわれる。8~9世紀には法相宗は隆盛を極め,多くの学僧が輩出した。…

※「北伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

北伝の関連キーワード中央アジア史エスキモーベーサカ祭シモン円甫カイバル峠押川方義泥湯温泉木地人形北伝仏教北方仏教妹尾義郎南方仏教荒畑寒村円通寺仏教北方国教

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android