コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条政顕 ほうじょう まさあき

2件 の用語解説(北条政顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条政顕 ほうじょう-まさあき

金沢政顕(かねざわ-まさあき)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条政顕

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:文永6(1269)
鎌倉末期の鎮西探題。鎮西探題金沢(北条)実政の子。掃部助,上総介。父が出家したため,その後任として正安3(1301)年11月2日鎮西探題に就任。肥前,肥後,豊前各国守護も兼帯した。在任期間15年におよび,神領興行令による相論に対する裁許状をはじめ85通の裁許状を発給している。その間侍所所司北条宗方の陰謀事件との関連で,嘉元3(1305)年から延慶2(1309)年までの約4年間は裁許状を発給していない。正和5(1316)年鎮西探題を辞任。<参考文献>瀬野精一郎『鎮西御家人の研究』

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条政顕の関連キーワード菊池武時少弐貞経鎮西鎮西探題大友貞宗赤橋英時金沢実政金沢政顕北条随時北条兼時

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone