金沢政顕(読み)かねざわ まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金沢政顕 かねざわ-まさあき

1269-? 鎌倉時代の武将。
文永6年生まれ。金沢(北条)実政(さねまさ)の子。掃部助(かもんのすけ),上総介(かずさのすけ)。出家した父の跡をついで正安(しょうあん)3年(1301)鎮西探題となる。在任約15年,最終裁断権をあたえられ,おおくの裁許状を発給している。肥前,肥後,豊前(ぶぜん)3ヵ国の守護を兼任。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android