コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野の粟餅 きたののあわもち

世界大百科事典内の北野の粟餅の言及

【和菓子】より

…もう一つの理由としては菓子屋の規模が大きくなったことである。材料そのものも大半は自家製造であったから,粒度の異なる粉をつくるだけでも,新しい技術とより多くの労力を必要としたはずであり,室町中期ころから寺社門前や盛場,あるいは主要街道筋で名物の餅やだんごを売った茶店,京都でいえば北野の粟餅(あわもち),賀茂の御手洗(みたらし)だんご,清水坂の炙餅(やきもち)その他,東海道では遠江日坂(につさか)の葛餅や駿河宇津谷(うつのや)峠の十(とお)だんごなど《毛吹草》に見えるようなものとは,技術も設備も次元を異にする本格的な菓子屋が三都などの大都市には成立したのである。江戸ではそうした店はほぼ例外なしに京菓子司を称し,桔梗屋河内,丸屋播磨,鈴木越後,金沢丹後,鳥飼伊勢などと受領名(ずりようめい)を名乗り,禁裏,幕府,諸大藩,大寺社などの御用をうたうようになった。…

※「北野の粟餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北野の粟餅の関連情報