コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千々石清左衛門 ちぢわ せいざえもん

2件 の用語解説(千々石清左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千々石清左衛門 ちぢわ-せいざえもん

千々石ミゲル(ちぢわ-ミゲル)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千々石清左衛門

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:元亀1(1570)
天正遣欧少年使節の正使のひとり。千々石直員の子で千々石ミゲル。天正8(1580)年キリスト教の洗礼を受け,有馬のセミナリオ(神学校)に学んでいるとき,有馬晴信の従弟で大村純忠の甥ということで正使に選ばれ,同10年,13歳で長崎を出航した。ポルトガル,スペイン,イタリアの各地で歓迎を受けながら同13年ローマに到着し,教皇グレゴリウス13世に謁見する大役を果たした。帰国後イエズス会に入会したが慶長7(1602)年ごろ退会,清左衛門と称して大村善前に仕えたのち,晴信のもとに身を寄せたこともあったが,のち追放されるなど,晩年の消息は不明である。<参考文献>パチェコ・ディエゴ「日本に帰った少年使節」(『長崎談叢』56号)

(片岡瑠美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千々石清左衛門の関連キーワード伊東満所千々石ミゲル千々石湾天正遣欧使節中浦ジュリアン伊東マンショ天正遣欧少年使節千々石〈町〉長崎県雲仙市千々石町己長崎県雲仙市千々石町丙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone