コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千手前 せんじゅのまえ

1件 の用語解説(千手前の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

千手前

没年:文治4.4.25(1188.5.23)
生年:永万1(1165)
平安後期,駿河国手越宿(静岡市)の遊女で,長者の娘。北条政子の女房。平重衡が一の谷の戦で生け捕りとなり,元暦1(1184)年4月,源頼朝に引き渡されるために鎌倉に下向した際,その湯浴みの世話をし,今様を歌い琴を弾くなどして慰めた。重衡の処刑後,重衡に対する恋慕の念から発病して死んだとも,善光寺に出家して重衡の後世を弔ったともいう。<参考文献>冨倉徳次郎『平家物語全注釈』下

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千手前の関連キーワード駿府国手形国手駿河千手江尻手越し小鸞駿河清重手越少将

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone