コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千那 せんな

世界大百科事典内の千那の言及

【本福寺】より

…その苦難の手記《本福寺明宗跡書(みようしゆうあとがき)》(1538)など一連の記録は,一向一揆研究や中世生活史解明に不可欠の史料として重要である。近世,元禄期の住職11世明式は当寺中興の祖といわれるが,千那と号して俳諧をたしなみ芭蕉の門人として著名で,著書に東国の親鸞遺跡巡拝記《白馬紀行》などがある。12世明因も角上と号する俳僧で,《白馬紀行口耳》を編している。…

※「千那」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千那の関連キーワード甘美内宿禰西村 燕々4月17日蕉門十哲三上角上田中千梅三上千那江左尚白

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千那の関連情報