半水セッコウ(読み)はんすいせっこう

世界大百科事典内の半水セッコウの言及

【焼セッコウ(焼石膏)】より

セッコウCaSO4・2H2Oを加熱して結晶水の3/4を脱水させ,白色粉末状の半水セッコウCaSO4・1/2H2Oとなったもの。〈焼きセッコウ〉ともいう。…

【セッコウ(石膏)】より

…日本のセッコウ資源はほとんどこれらの化学セッコウに依存しており,外国とまったく事情を異にする。セッコウを加熱すると,約76℃以上で結晶水の3/4を失い焼セッコウ(半水セッコウ)CaSO4・1/2H2Oとなる。焼セッコウは水で練ると凝結硬化する特性があり,これを利用して建築,陶磁器型材,医療(ギプス)などの種々の用途に用いられる。…

※「半水セッコウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる