コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南ア連邦 ナンアレンポウ

1件 の用語解説(南ア連邦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんア‐れんぽう〔‐レンパウ〕【南ア連邦】

南(みなみ)アフリカ連邦の略称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の南ア連邦の言及

【トランスバール共和国】より

…その後戦闘はゲリラ戦になり,イギリス軍は掃討作戦を展開,02年ボーア人はついに降伏し,トランスバールはイギリス直轄植民地となった。戦後南アフリカの統一化が進み,06年にはトランスバールに自治政府が認められ,ついで08年に鉄道・関税協定が締結され,09年には連邦化のための憲法草案が審議され,10年に南ア連邦が結成された。【林 晃史】。…

※「南ア連邦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone