略称(読み)リャクショウ

デジタル大辞泉「略称」の解説

りゃく‐しょう【略称】

[名](スル)正式な名称を省略して呼ぶこと。また、その呼び名。略名。「日本教職員組合」を「日教組」、「北大西洋条約機構」を「NATO(ナトー)」と呼ぶ類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「略称」の解説

りゃく‐しょう【略称】

〘名〙 名称を省略して呼ぶこと。また、省略した名称。
※重訂本草綱目啓蒙(1847)一二「俗にふしとよぶ者あり。ふしは黒ふしの略称なりと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の略称の言及

【略語】より

…電報に用いる電信略号(電略)などは,もとの語形と直接関係のないものもあり,一種の略語であるとともに暗号にも連なるものであると言ってよかろう。なお,固有名詞については略語とは言わずに略称という。種々の組織には長い名称のものも多いので,略称が生じやすい。…

※「略称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android