コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南伝 なんでん

大辞林 第三版の解説

なんでん【南伝】

( 名 ) スル
南方で、あるいは南方から伝わること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の南伝の言及

【法相宗】より

…653年(白雉4)道昭が入唐留学して玄奘に受学し,帰国後飛鳥元興(がんごう)寺でこれを広め,658年(斉明4)に入唐した智通や智達も帰国後に当宗を広めた。これらは同系統に属し,平城右京に元興寺が創建されるに及んで法相宗も移り,元興寺伝,南伝といわれた。703年(大宝3)に智鳳,智雄らが入唐し,また717年(養老1)に入唐した義淵の弟子玄昉(げんぼう)も,ともに濮陽の智周に師事して法相を修め,帰国後これを広めた。…

※「南伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南伝の関連キーワードトーマス・ウィリアム・R. デービズ町役人(まちやくにん)柳川なべ(柳川鍋)松林伯円(初代)御狂言楽屋本説高楠 順次郎ジャータカ林 平次郎南伝大蔵経漢訳大蔵経小野 玄妙デービッズパーリ経典高楠順次郎上田 天瑞田山花袋小野玄妙北伝仏教マタレ柳川鍋

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android