南北選(読み)なんぼくせん

世界大百科事典内の南北選の言及

【回避制】より

…しかし時には老臣や勲臣を優遇させるために,わざと本籍地の地方官に任じて名誉を与えることもあったが,明・清時代には厳しい規制が行われた。とくに本籍回避については〈南北選〉と称し,教授,学正などの教官を別として,単に本籍地の州を避けるだけにとどまらず,北方人は南方に官となり,南方人は北方に官となるべきだとされた。したがって,その地方の民情風俗をよく知らぬ者が地方官に赴任することになり,弊害が大きかったようだ。…

※「南北選」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android