南洋通商大臣(読み)なんようつうしょうだいじん

世界大百科事典内の南洋通商大臣の言及

【両江】より

…両江は中国で最も経済的に重要な地域を含み,また清末からは外国との接触の前線となり,両江総督は両淮(わい)塩政から外国との通商事務までをとり扱い,直隷総督と並ぶ重職で,李鴻章曾国藩が歴任した。総督の駐在地は南京であったが,通商の交渉が上海で行われるようになると,両江総督が欽差大臣として上海に駐在して事にあたり,南洋通商大臣と呼ばれた。【秋山 元秀】。…

※「南洋通商大臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる