南蛮紅毛料理(読み)なんばんこうもうりょうり

世界大百科事典内の南蛮紅毛料理の言及

【西洋料理】より

…この記述は,日本人が初めて見た西洋の食風俗であろう。その後,ポルトガル,スペイン(南蛮)の宣教師が来航するようになり,さらに17世紀初頭にはオランダ,イギリス(紅毛)人が平戸に商館を開いたため,キリシタン大名,貿易商人,蘭学者たちに南蛮・紅毛料理が伝わったが,やがて和食と混在して,てんぷら,ひりょうず,カステラタルトなどの日本独特の料理,菓子に変化した。オランダのターフル(正餐)料理も中国料理と折衷して卓袱(しつぽく)料理となり,長崎に残ったにすぎず,南蛮紅毛料理は当時の日本にさしたる影響をあたえなかった。…

※「南蛮紅毛料理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android