南都七郷(読み)なんとしちごう

世界大百科事典内の南都七郷の言及

【奈良[市]】より

…やがて奈良が正称とされ,南都(南京)は雅称となる。 1180年(治承4)平氏の南都焼討ちにあって諸郷の発達は頓挫したが,全盛の社寺の復興が進み,その工事に工匠,技芸の徒が多数来住したため,街地は倍旧の発展を示し,南都七郷(興福寺別当の直領で七つの親郷),東大寺郷,元興寺郷,春日社家郷,興福寺両門跡郷(両門跡とは一乗院大乗院のことで,それぞれ多数の郷を擁する)が成立,おりから商工業も興って都市化が進んだ。一乗院門跡が北市,次いで大乗院門跡が南市を開いて14世紀には南北両市が栄えた(なお1414年(応永21)に興福寺六方衆が中市を開いた。…

※「南都七郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android