単衣冠(読み)ひとえいかん

世界大百科事典内の単衣冠の言及

【衣冠】より

…さらに半臂,下襲,衵の類を用いないので,着用も安易であった。単を用い,下に(きぬ)を着る,単衣冠(ひとえいかん)というものも別に区別されるようにもなって,単すら着用しない簡単な衣冠が後には用いられた。さらに,衣冠の袍にも,特別の衣冠としての袍を形式化し,後身(うしろみ)の両脇に小紐を付加したり,角袋(かくぷくろ)を外部に出したりして,着用の便をはかるようになった。…

※「単衣冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる