危険運転致死罪(読み)キケンウンテンチシザイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

危険運転致死罪

01年12月に、刑法208条の2に新設された。酒や薬物により正常な運転が困難な状態での運転や、速度の出し過ぎなどによって事故を起こし、死亡させた場合は最高で懲役20年を科せられる。悪質で危険な運転を「故意」ととらえるのが特徴。懲役5年以下の業務上過失致死罪よりも、量刑が重い。昨年5月、仙台育英学園高の生徒18人を死傷させた事故では、懲役20年の最高刑が確定した。

(2006-10-19 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

危険運転致死罪の関連情報