コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵状粒 らんじょうりゅうovoid grain

岩石学辞典の解説

卵状粒

楕円体状のペロイド(peloids)で,一般に0.1~2.0mmの長さをもち,決まった構造はなく,時々弱い放射状構造を示すことがあるが,まれに同心状構造のものがある[Bissell & Chilingar : 1967].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

卵状粒の関連キーワードじ状岩

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android