反磁場係数(読み)はんじばけいすう

世界大百科事典内の反磁場係数の言及

【反磁場】より

…楕円体の主軸の方向に磁化が向いている場合,反磁場もその主軸の方向にあり,磁化とは逆向きになる。また楕円体のように磁化および反磁場がともに一様に分布しているときには,反磁場の大きさは磁化の大きさに比例し,その比例係数を反磁場係数という。非常に細長い楕円体の極限を考えてみると,長軸の方向に磁化がある場合は磁極は遠くにあることになり,反磁場は小さいはずである。…

※「反磁場係数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android