コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叡山焼打 えいざんやきうち

世界大百科事典内の叡山焼打の言及

【坂本】より

…中世の人口は1501年(文亀1)の大火で在家数千軒が炎上した例からみて,2万を越える規模をもっていたとおもわれる。そして坂本の中世は71年9月の織田信長による叡山焼打ちによって幕を閉じる。このときの状況を《日本耶蘇会年報》は〈坂本の町民等も亦坊主等の勧告に依りて,妻子等と共に山に登りたり……坊主等の死したる者約千五百人,俗人は男女小児を合わせて同数なりしという〉と伝えている。…

※「叡山焼打」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

叡山焼打の関連キーワード施薬院全宗聖衆来迎寺西教寺天台宗僧兵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android