コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叢雲剣 ムラクモノツルギ

世界大百科事典内の叢雲剣の言及

【剣の巻】より

…尊は哀れに思い,策を巡らして大蛇を酒に酔わせて退治した。そのとき,尾から出たのが叢雲剣(むらくものつるぎ)で,それを天照大神に奉ったが,のちに天孫がこの国に下ったときに,宝鏡に添えて渡された(〈中音〉)。その後,日本武(やまとたける)尊が駿河に下ったとき,叛徒が野に火を放ったが,叢雲剣で周囲の草を薙ぎ払ったところ,火は逆のほうに燃えて敵が滅びたので,それ以来草薙剣と名を改めた。…

※「叢雲剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

叢雲剣の関連キーワードヤマトヒメノミコト(倭姫命)素戔嗚尊・須佐之男命倭比売命・倭姫命日南(町)三種の神器名数小辞典日御碕神社草薙の剣素戔嗚尊八岐大蛇叢雲の剣日本武尊熱田神宮天叢雲剣船通山剣の巻草薙剣宝剣神剣