天叢雲剣(読み)アマノムラクモノツルギ

百科事典マイペディアの解説

天叢雲剣【あめのむらくものつるぎ】

三種の神器の一つ。草薙剣(くさなぎのつるぎ)ともいう。素戔嗚(すさのお)が出雲の簸川(ひのかわ)上(斐伊(ひい)川上流)で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治してその尾の中から得た剣。瓊瓊杵(ににぎ)尊は降臨のとき,八咫(やた)鏡,八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)と共にこれを授けられた。日本武(やまとたける)尊の東征の際に草薙剣の名が生じ,のち熱田神宮にまつられたという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あまのむらくものつるぎ【天叢雲剣】

三種の神器の一。記紀神話で、素戔嗚尊すさのおのみことが出雲国の簸川ひのかわの川上で、八岐大蛇やまたのおろちを退治した時に、大蛇の尾から得たという霊剣。草薙くさなぎの剣つるぎ。熱田神宮に祀まつる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天叢雲剣
あめのむらくものつるぎ

三種の神器の一つ。八岐大蛇(やまたのおろち)の尾より出現した剣である草薙剣(くさなぎのつるぎ)の元の名を、『日本書紀』本文の注および一書では天叢雲剣とし、大蛇の上につねに雲気があったゆえの命名とする。中国の『史記』の高祖本紀に、斬蛇剣(ざんだけん)をもつ高祖のいる上にはつねに雲気がたつと語る。その漢の宝剣である斬蛇剣に、わが国の三種の神器の一つである神剣を擬するための命名。[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android