コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天叢雲剣 アマノムラクモノツルギ

百科事典マイペディアの解説

天叢雲剣【あめのむらくものつるぎ】

三種の神器の一つ。草薙剣(くさなぎのつるぎ)ともいう。素戔嗚(すさのお)尊が出雲の簸川(ひのかわ)上(斐伊(ひい)川上流)で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治してその尾の中から得た剣。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あまのむらくものつるぎ【天叢雲剣】

三種の神器の一。記紀神話で、素戔嗚尊すさのおのみことが出雲国の簸川ひのかわの川上で、八岐大蛇やまたのおろちを退治した時に、大蛇の尾から得たという霊剣。草薙くさなぎの剣つるぎ。熱田神宮に祀まつる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天叢雲剣
あめのむらくものつるぎ

三種の神器の一つ。八岐大蛇(やまたのおろち)の尾より出現した剣である草薙剣(くさなぎのつるぎ)の元の名を、『日本書紀』本文の注および一書では天叢雲剣とし、大蛇の上につねに雲気があったゆえの命名とする。中国の『史記』の高祖本紀に、斬蛇剣(ざんだけん)をもつ高祖のいる上にはつねに雲気がたつと語る。その漢の宝剣である斬蛇剣に、わが国の三種の神器の一つである神剣を擬するための命名。[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天叢雲剣の関連キーワードヤマトヒメノミコト(倭姫命)素戔嗚尊・須佐之男命倭比売命・倭姫命日御碕神社名数小辞典日南(町)素戔嗚尊日本武尊記紀神話草薙の剣叢雲の剣船通山叢雲剣雲気神剣宝剣霊剣