コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口付きタバコ クチツキタバコ

デジタル大辞泉の解説

くちつき‐タバコ【口付きタバコ】

吸い口のついている紙巻きタバコ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くちつきタバコ【口付きタバコ】

吸い口のついている紙巻きタバコ。 ↔ 両切りタバコ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の口付きタバコの言及

【タバコ(煙草)】より

…なかでもきせるのいらない紙巻タバコに人気が集まった。この風潮をいち早く先どりして,1872年東京の土田安五郎が国産の紙巻タバコを製造したといわれているが,国内一般に口付きタバコを広めたのは岩谷松平で,84年に東京の銀座に岩谷商店を開設,世間の人を驚かすはでな宣伝広告で〈天狗印〉を売り出した。同じく東京の千葉商店がその翌年に〈牡丹印〉を世に出した。…

※「口付きタバコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口付きタバコの関連キーワード両切りタバコ吸い口口付き

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android