コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可変抵抗説(読み)かへんていこうせつ

世界大百科事典内の可変抵抗説の言及

【聴覚】より

…なお,この電位差の源は蝸牛管側壁にある血管条におけるKの分泌電圧であるとされた(田崎ら,1959)。 現在,有毛細胞上面の毛の動きから,上記の電位差による電気抵抗の変化がマイクロホン電位の起源だというデービスの考え(1957,可変抵抗説)が一般に通用している。この問題に関連して内・外有毛細胞の細胞内電位の測定が行われ(ラッセルJ.J.RusselとセリックP.M.Sellick,1978。…

※「可変抵抗説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android