コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右左口街道 うばぐちかいどう

世界大百科事典内の右左口街道の言及

【中道[町]】より

…町域は笛吹川左岸の低地および南の曾根丘陵,御坂山地からなる。町名はかつて中道(石和(いさわ)と駿河を結ぶ右左口(うばぐち)街道の別称)が通っていたことに由来する。北部の低地は水田に,南部の丘陵地はかつては桑園であったが,近年は桃,ブドウを主とする果樹園に利用されている。…

※「右左口街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報