コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右撚り みぎより

大辞林 第三版の解説

みぎより【右撚り】

時計の針の進む方向によりをかけること。また、その糸や縄。 S 撚り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の右撚りの言及

【糸】より

…フィラメント糸には撚りのまったくないものがあるが,強撚,甘撚りのものもある。撚りには左撚り(Z撚り)と右撚り(S撚り)がある(図参照)。撚りの強さは1インチ(2.54cm)間にかけた撚りの数で表される。…

※「右撚り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右撚りの関連キーワードセルフツイスト紡績クレープ・デシンちりめん(縮緬)クレープデシン楊柳クレープワイヤロープ錦紗縮緬一越縮緬ロープお召時計編物半尻狩衣しぼ方向縄文一越金波縮緬

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android