コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(わ)せ口甕棺 アワセグチカメカン

デジタル大辞泉の解説

あわせぐち‐かめかん〔あはせぐちかめクワン〕【合(わ)せ口×甕棺】

弥生時代に九州北部で用いられた棺。2個のの口を合わせてつなげたもので、中に被葬者を入れて埋葬した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の合(わ)せ口甕棺の言及

【甕棺】より

…日本の弥生時代(北部九州)のように,成人を埋葬するために大型土器を作ることは,世界的にもむしろ珍しい。甕棺には,土器1個を用い(単棺),蓋に木,石,浅い土器をかぶせるもの,土器2個の口を合わせて連ねるもの(合せ口甕棺),さらには,もう1個,底を抜いた土器を加えて3個連ねたものなどが区別できる。単棺は,垂直あるいはそれに近く斜めに葬ることが多い。…

※「合(わ)せ口甕棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合(わ)せ口甕棺の関連キーワード弥生時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android