コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(わ)せ口甕棺 アワセグチカメカン

デジタル大辞泉の解説

あわせぐち‐かめかん〔あはせぐちかめクワン〕【合(わ)せ口×甕棺】

弥生時代に九州北部で用いられた棺。2個のの口を合わせてつなげたもので、中に被葬者を入れて埋葬した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の合(わ)せ口甕棺の言及

【甕棺】より

…日本の弥生時代(北部九州)のように,成人を埋葬するために大型土器を作ることは,世界的にもむしろ珍しい。甕棺には,土器1個を用い(単棺),蓋に木,石,浅い土器をかぶせるもの,土器2個の口を合わせて連ねるもの(合せ口甕棺),さらには,もう1個,底を抜いた土器を加えて3個連ねたものなどが区別できる。単棺は,垂直あるいはそれに近く斜めに葬ることが多い。…

※「合(わ)せ口甕棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合(わ)せ口甕棺の関連キーワード弥生時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android