コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備御友別 きびの みともわけ

2件 の用語解説(吉備御友別の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備御友別 きびの-みともわけ

御友別(みともわけ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉備御友別

古事記『日本書紀』によれば,吉備地方(岡山県)に本拠を置く豪族吉備臣の祖とされる。応神天皇妃,兄媛の兄。応神天皇が兄媛を伴って難波に行幸し,高台に登ったとき,兄媛は西を眺めて父母をしのんで嘆き,帰郷を願う。天皇はこれを許した。のち,天皇が吉備に行幸した際,御友別は兄弟,息子たちをその食膳に奉仕させたので天皇はこれを喜び,吉備の国を分割して彼らに与えた。すなわち,長子稲速別に川島県を,中子仲彦に上道県を,弟彦に三野県を,御友別の弟鴨別に波区芸県を,兄浦凝別に苑県を与え,また織部(機織を業とする品部)を兄媛に賜ったという(『日本書紀』)。この御友別の伝承は,『古事記』『日本書紀』の孝霊天皇条に記載される他の吉備氏の伝承に比べて古形を残しており,5世紀ごろまでの吉備氏の内部関係を物語るものとされる。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉備御友別の関連キーワード記紀三部本書神武東征伝説吉備津彦命吉備兄彦皇子広媛(1)星川皇子御友別絙某弟《古事記及日本書紀の研究》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone