コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉六 きちろく

世界大百科事典内の吉六の言及

【金売吉次】より

…橘次末春とも吉次信高とも名のる。弟に吉内・吉六がいた(幸若舞曲《烏帽子折》など)ともされる。《平治物語》(古活字本),《平家物語》剣巻,《源平盛衰記》《義経記》などに登場し,各地に伝説としても伝わる。…

※「吉六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉六の関連キーワード資本主義社会社会科学末永 節9月3日金売吉次飯田吉六三浦乾也井田吉六