コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井田吉六 いだ きちろく

1件 の用語解説(井田吉六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井田吉六 いだ-きちろく

1792-1861 江戸時代後期の陶工。
寛政4年生まれ。はじめ江戸の骨董(こっとう)商。文政8年(1825)から浅草で自作の陶器「吉六焼」を販売して名をたかめ,将軍徳川家斉(いえなり)の臨席のもとで席焼きもおこなった。のち長崎亀山窯(かめやまよう),伊勢(いせ)の射和(いさわ)万古窯などの復興をたすけた。文久元年死去。70歳。下総(しもうさ)海上(うなかみ)郡(千葉県)出身。号は乾斎,己斎。一説に姓は飯田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井田吉六の関連キーワード浅見五郎介開善寺墨染石岡林兵衛加藤春珉黄谷金清月窓宗七(5代)陶斎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone