コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井田吉六 いだ きちろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井田吉六 いだ-きちろく

1792-1861 江戸時代後期の陶工。
寛政4年生まれ。はじめ江戸の骨董(こっとう)商。文政8年(1825)から浅草で自作の陶器「吉六焼」を販売して名をたかめ,将軍徳川家斉(いえなり)の臨席のもとで席焼きもおこなった。のち長崎亀山窯(かめやまよう),伊勢(いせ)の射和(いさわ)万古窯などの復興をたすけた。文久元年死去。70歳。下総(しもうさ)海上(うなかみ)郡(千葉県)出身。号は乾斎,己斎。一説に姓は飯田

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井田吉六の関連キーワード飯田吉六三浦乾也陶工

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android