コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉雄常三 よしお じょうさん

2件 の用語解説(吉雄常三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉雄常三 よしお-じょうさん

吉雄俊蔵(よしお-しゅんぞう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉雄常三

没年:天保14.9.2(1843.9.25)
生年:天明7(1787)
江戸後期の蘭学者。阿蘭陀通詞吉雄耕牛 の孫。長崎に生まれる。字は伯元,諱は尚貞,名は俊蔵,尾張藩出仕後は常三。号は南皐,観象堂。文化13(1816)年30歳のとき,江戸からの帰途に名古屋の町医野村立栄 の弟子小川守中宅に滞在中に尾張藩医浅井貞庵の斡旋で藩の侍医となり,以来,翻訳や著作に従事,最先端の蘭学を講じて弟子の養成に尽力した。文政3(1820)年には翻訳の藩命を受け,同9年には2人扶持を給せられて藩士に列し,以後藩医としても天保10(1839)年には奥医師にまで栄進した。その業績は『和蘭内外要方』(1820)など医学のほか,地動説以後の天文学を講じた『遠西観象図説』(1823),農家のための『晴雨考』(文政・天保期),火薬の雷汞を使用する雷管銃について述べた『粉砲考』(1842ごろ)など多数ある。不幸にも雷管銃製作中に雷汞の爆発によって死亡。雷汞は衝撃に弱い不安定な物質で,幕府の秤量政策下では計量的化学実験不可能に近く,常三の悲劇は不可避であった。<参考文献>吉川芳秋「尾張藩,南皐吉雄常三先生」(『日本医史学雑誌』1289,1290号),赤木昭夫『蘭学の時代』

(岩崎鐵志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉雄常三の関連キーワード橋本宗吉吉雄耕牛和蘭・阿蘭陀・和蘭陀本木庄左衛門長崎県長崎市万才町荒井庄十郎広川獬中山作三郎吉雄権之助吉雄俊蔵

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone