同位体分離濃縮(読み)どうたいぶんりのうしゅく

世界大百科事典内の同位体分離濃縮の言及

【製錬】より

…塩化物以外のハロゲン化物としてはウランの製錬でフッ化物が使われている。これは,四フッ化ウランUF4が吸湿性が少ないことと,六フッ化ウランUF6の蒸気がウランの同位体分離濃縮(天然ウラン中に0.72%含まれる核分裂物質235Uを主成分238Uと分離する)にとって好都合な物質(UF6の沸点が低く,フッ素は天然には100%19Fである)であることとによる。冶金【増子 昇】。…

※「同位体分離濃縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android