呼れる(読み)よばれる

精選版 日本国語大辞典「呼れる」の解説

よば‐・れる【呼れる】

〘他ラ下一〙 (動詞「よぶ(呼)」の未然形に受身の助動詞「れる」の付いて一語化したもの) (食事に招かれるから)ご馳走になる。食事をふるまわれる。
※俳諧・俳諧新選(1773)五「猫抱て呼れて行ん納豆汁〈文誰〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android