未然形(読み)ミゼンケイ

デジタル大辞泉の解説

みぜん‐けい【未然形】

国文法で、活用形の一。活用する語の語形変化のうち、口語で、助動詞ない」「せるさせる」「れるられる」「よう」を伴うときの形。文語では、「」「」「さす」「しむ」「らる」などを伴うときの形。六活用形の第一におかれる。将然言(しょうぜんげん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぜんけい【未然形】

国文法で、活用形の一。六活用形のうちで第一番目に置かれる。その事態が未だ起きないことを示す形という意での命名。一般に、口語では、助動詞「ない」「れる・られる」「せる・させる」などを伴うときの形と、助動詞「う・よう」を伴うときの形とを合わせていう。文語では、助詞の「ば」、助動詞「ず」「む」「る・らる」「す・さす」「しむ」などを伴うときの形をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

未然形の関連情報