未然形(読み)みぜんけい

精選版 日本国語大辞典「未然形」の解説

みぜん‐けい【未然形】

〘名〙 (「未然」は、「まだそういない」の意) 国文法で、活用形の一つ。通例、六活用形の第一におかる。活用語(動詞・形容詞・形容動詞助動詞)の語形変化のうち、文語で助詞の「ば」、助動詞の「ず」「む」「す・さす」「しむ」「る・る」を伴うときの形。口語では、助動詞の「ない」「る・させる」「れる・られる」を伴うときの形、および助動詞「う・よう」を伴うときの形を合わせて呼ぶのが学校文法での通例であるが、後者を別立して志向形などと呼ぶ説もある。一、二段活用では、連用形と語形上違いがない。将然形。将然言。未然段。未然言。〔中等教科明治文典(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「未然形」の解説

みぜん‐けい【未然形】

国文法で、活用形の一。活用する語の語形変化のうち、口語で、助動詞「ない」「せるさせる」「れるられる」「よう」を伴うときの形。文語では、「」「」「さす」「しむ」「らる」などを伴うときの形。六活用形の第一におかれる。将然言しょうぜんげん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android