未然形(読み)ミゼンケイ

デジタル大辞泉の解説

みぜん‐けい【未然形】

国文法で、活用形の一。活用する語の語形変化のうち、口語で、助動詞ない」「せるさせる」「れるられる」「よう」を伴うときの形。文語では、「」「」「さす」「しむ」「らる」などを伴うときの形。六活用形の第一におかれる。将然言(しょうぜんげん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぜんけい【未然形】

国文法で、活用形の一。六活用形のうちで第一番目に置かれる。その事態が未だ起きないことを示す形という意での命名。一般に、口語では、助動詞「ない」「れる・られる」「せる・させる」などを伴うときの形と、助動詞「う・よう」を伴うときの形とを合わせていう。文語では、助詞の「ば」、助動詞「ず」「む」「る・らる」「す・さす」「しむ」などを伴うときの形をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

未然形の関連情報