コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命拾い イノチビロイ

デジタル大辞泉の解説

いのち‐びろい〔‐びろひ〕【命拾い】

[名](スル)危うく命が助かること。また、窮地を脱すること。「適切な手当てで命拾いした」「係員の機転のおかげで命拾いした」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いのちびろい【命拾い】

( 名 ) スル
危ういところで命を落とさずにすむこと。 「間一髪で-する」
(比喩的に)危機を脱すること。 「捕手の落球で打者は-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

命拾いの関連キーワードグラニコスの戦いプリアモス命を拾う竹崎季長手当て山川均間一髪命冥加紀馬養窮地落球平泉

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命拾いの関連情報