窮地(読み)きゅうち

精選版 日本国語大辞典「窮地」の解説

きゅう‐ち【窮地】

〘名〙
① 追いつめられて困りはてた境遇。万策尽きた苦しい状態。窮境
銃後(1913)〈桜井忠温〉一二「遠き故郷を離れ、(キウチ)に在りて」
暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「其役人も好んで閔を窮地(キウチ)に陥れる気ではなかったが」 〔沈約文‐郊居賦〕
② 遠く離れた土地。中心から遠くへだたった不便な地。僻地(へきち)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「窮地」の解説

きゅう‐ち【窮地】

追い詰められて逃げ場のない苦しい状態や立ち場。「窮地に陥る」「窮地を脱する」
[類語]苦境逆境危地危険危難危機ピンチ物騒剣呑けんのん危ない窮境窮状難局羽目危殆きたい虎口ここう不用心不穏際どいやばいきな臭い呉越同舟一触即発風前のともしび薄氷をふむ風雲急を告げる危うい危なっかしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android