コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哥沢土佐太夫 うたざわとさだゆう

世界大百科事典内の哥沢土佐太夫の言及

【哥沢芝金】より

…うた沢芝派(哥沢)の家元名。(1)初世(1828‐74∥文政11‐明治7) 本名柴田金吉。江戸日本橋高砂町の御家人柴田弥三郎の三男。若いころから音曲を好み,愛称〈芝金〉。渋い歌と巧みな三味線で知られ,うた沢創始期にも参画している。歌沢笹丸の没後に家元樹立を出願,1861年(文久1)土佐太夫の名を嵯峨御所より受領。〈歌〉の字の偏だけをとった〈哥〉を使って寅派と区別,初代芝金を名のって別派活動を行う。1867年(慶応3)流儀の歌本《松の美どり》を刊行。…

※「哥沢土佐太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone