コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐犂 からすき

1件 の用語解説(唐犂の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

唐犂【からすき】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の唐犂の言及

【すき(犂)】より

…木あるいは竹製のまっすぐな犂轅をもち,2頭用軛に接続されて牽引される。(6)枠型犂(中国犂) 日本でいう〈唐犂(からすき)〉にあたる長床犂である。その発展した形態では,犂底と犂柄が別個の材からなっている点では湾轅犂に似ており,また犂底・犂柄・犂轅・犂柱の四つで囲まれた部分の断面が四辺形の枠型をなす点では方形犂に似ている。…

【すき(鋤)】より

…【都出 比呂志】
[日本の鋤]
 鋤と犂はともに〈すき〉と読まれる耕具である。そこで牛馬の力を利用する犂を中国から来たという意味で〈唐犂(からすき)〉といい,手と足で,ことに刃床部の肩に足をかけて土に押し込む鋤を〈踏鋤(ふみすき)〉,なまって〈ふんずき〉と呼んで区別することもある。西洋のシャベルも鋤の一種であるが,日本の在来型は鍬の刃床部と同じように,風呂と呼ばれる木製のブロックに鉄を鍛造してつくった刃先をはめこんだものである。…

※「唐犂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone