コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐犂(読み)からすき

世界大百科事典内の唐犂の言及

【すき(犂)】より

…木あるいは竹製のまっすぐな犂轅をもち,2頭用軛に接続されて牽引される。(6)枠型犂(中国犂) 日本でいう〈唐犂(からすき)〉にあたる長床犂である。その発展した形態では,犂底と犂柄が別個の材からなっている点では湾轅犂に似ており,また犂底・犂柄・犂轅・犂柱の四つで囲まれた部分の断面が四辺形の枠型をなす点では方形犂に似ている。…

【すき(鋤)】より

…【都出 比呂志】
[日本の鋤]
 鋤と犂はともに〈すき〉と読まれる耕具である。そこで牛馬の力を利用する犂を中国から来たという意味で〈唐犂(からすき)〉といい,手と足で,ことに刃床部の肩に足をかけて土に押し込む鋤を〈踏鋤(ふみすき)〉,なまって〈ふんずき〉と呼んで区別することもある。西洋のシャベルも鋤の一種であるが,日本の在来型は鍬の刃床部と同じように,風呂と呼ばれる木製のブロックに鉄を鍛造してつくった刃先をはめこんだものである。…

※「唐犂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android