コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐臼(立回り) からうす

世界大百科事典内の唐臼(立回り)の言及

【立回り】より

…〈霞〉=甲乙が後ろ前に位置し,乙は下にいて,甲乙が右左と交差して刀を一文字に流す。〈唐臼(からうす)〉=双方が刀を上段に構え右足から入れ違いながら切りおろす,これを2度くり返す。〈切り違え〉=双方背中合せとなり,右左と互い違いに切り払う。…

※「唐臼(立回り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android