コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多古能 きた ひさよし

朝日日本歴史人物事典の解説

喜多古能

没年:文政12.6.25(1829.7.25)
生年:寛保2(1742)
江戸中期の能役者。シテ方喜多流9代大夫。幼名栄之丞。実父は7代十大夫定能の後嗣で夭折した七大夫長義。8代十大夫親能(長義と同様,定能の養子であった)が養父となる。明和7(1770)年に家督相続。寛政11(1799)年には隠居して似山,健忘斎と号す。和漢の学や,芸道に関する故実に非常に明るく,音曲伝書『悪魔払』,舞伝書『寿福抄』などの著書で自ら流儀に芸の規範を示した。能面についても『面目利書』『仮面譜』のような故実書がある。喜多流中興の祖とも称すべき重要な役割を果たした人物である。

(石井倫子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

喜多古能の関連キーワード山田嘉右衛門(1)喜多七大夫古能増阿弥久次喜多七大夫棒屋孫十郎野田新助慈雲院千世若智恩坊断末魔心能等月東江神作宝来真角日光

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android