コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多長能 きた おさよし

朝日日本歴史人物事典の解説

喜多長能

没年:承応2.1.7(1653.2.4)
生年:天正14(1586)
江戸前期の能役者。シテ方喜多流の初代大夫。通名は七大夫。父は堺の目医者内堀某。7歳で器用に能を舞ったことから,七ツ大夫とあだ名される。金剛大夫弥一の養子となり16歳で元服。金剛三郎を名乗り,弥一の没後慶長10(1605)年に金剛大夫を継承するが,やがて座を離れて北七大夫を名乗り,独自の活動を始める。徳川秀忠・家光父子の愛顧を受けて他の座の大夫を凌ぐ活躍を続け,元和5(1619)年ごろには特に一流の創設まで許され,ここに四座一流の体制が確立した。喜多流が江戸時代に最大の流儀となる基を築きあげた人物。<参考文献>表章「北七大夫長能をめぐる諸問題」(『能楽研究』8号)

(石井倫子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

喜多長能の関連キーワード表章

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android